スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

借金の時効について 



借金返済Books
借金・債務の整理をする為の方法を分かりやすく解説した本は楽天市場でどうぞ!

消費者金融関連本
消費者金融に関する知識をつけるための本は楽天市場でどうぞ!

過払い金の本
サラ金から過払い金を回収する方法である過払い金返還請求等を分かりやすく解説した本は楽天市場でどうぞ!



借金は時効の完成で返済しなくても良くなります。 ただし、借金が消滅時効の完成により、無くなるにはそれなりの条件があるのです。
このページでは借金を時効の完成で払わなくて済むにはどんな条件を満たしていなければならないのか?を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。 ただし、借金返済方法、借金問題、借金返済相談や、借金一本化やその計画などは専門の法律家である弁護士などに相談するのが一番です。また、他の人の借金返済記などをからヒントを得るのもいいでしょう。

時効というのは、ある出来事から一定の時間が過ぎる事によって、現在の事実状態が法律上の根拠を有するものか否かを問わずに権利が無くなったり(消滅時効)、逆に権利が発生したりする(取得時効制度)制度のことです。借金にもこの時効が使える場合があります。


民法には消滅時効、取得時効の制度が定められていますので、みなさんも、このような制度があることを、覚えておかれるといざという時にお困りになることもなくなるかもしれません。覚えておかれて損はありません。 


借金が時効の完成で返済しなくても良くなる場合は下記の「消滅時効」となります。
<消滅時効>


消滅時効とは、権利を一定期間行使されない場合、その権利を消滅させる制度です。
ですから、金融業者から借金をしたり、多重債務で苦しんでいる方でも法律で定められた一定期間、返済を行っていない場合、「消滅時効」を援用すれば、借主に返済義務がなくなる場合があるということです。


(例)AさんがBさんから60万円借金したとします。AさんはBさんに60万円を返す義務を負いますが、Bさんが返済を請求しないで10年が経過した場合、Aさんはこの債務を免れることができます。



ブックマークに追加する ブックマークに追加する
スポンサーサイト
[ 2007/09/25 19:57 ] 借金の時効について | トラックバック(-) | コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。