FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

過払い金の返還請求をしましょう 



借金返済Books
借金・債務の整理をする為の方法を分かりやすく解説した本は楽天市場でどうぞ!

消費者金融関連本
消費者金融に関する知識をつけるための本は楽天市場でどうぞ!

過払い金の本
サラ金から過払い金を回収する方法である過払い金返還請求等を分かりやすく解説した本は楽天市場でどうぞ!



消費者金融・サラ金などからお金を利息制限法をこえる金利で長期に借りている場合、過払い金が発生している場合があります。

過払い金が発生しているかどうかは、消費者金融の会社に取引を始めた日からの取引履歴を請求して、その取引履歴を法定利息により引き直し計算を行います。引き直し計算を行った結果、過払い金が発生していたら、その消費者金融業者に対して、過払い金の返還請求をしましょう!

相手は一般の個人ではなく、消費者金融業者なので、内容証明郵便(配達証明付)を送るのは、時間と手間が無駄になるだけです。一度、消費者金融業者に電話して過払い金が自分の請求額に近い金額が返還されないようならば、即、提訴しましょう。

裁判で訴えを提訴するのが、最終的には、時間的にも最短で過払い金が返還される方法です。消費者金融業者と無駄な交渉をダラダラ長引かせることはありません。
消費者金融業者との間の取引をしている間に、10年間取引が無く、消滅時効にかかった場合など、争いになりそうな事項さえなければ、ほとんどの場合には、消費者金融業者側には裁判の勝ち目はありません。

「みなし弁済」や、「悪意の受益者」など法律的なポイントをしっかり勉強すれば、弁護士ナシで個人でも消費者金融業者を相手に裁判を起こして勝つことができます。
大概は第一回目の口頭弁論が終わって、和解の交渉すれば、希望している訴訟額に近い金額で和解できます。第ニ回目の口頭弁論の後の和解交渉では、ほぼ満額で和解できるでしょう。
[ 2007/09/24 15:07 ] 過払い金返還請求権の消滅時効 | トラックバック(-) | コメント(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。